home > message


「関わりあう全ての人と信頼で結びつく会社」
株式会社YOSHIZO 代表取締役 金村 芳昭
 
■プロフィール
1969年 東京西多摩郡瑞穂町生まれ
1988年 東京都立福生高校卒業
2001年 あきる野市、武蔵増戸駅前に
   「薪釜屋YOSHIZO」をオープン
2015年 株式会社YOSHIZO 設立
2001年5月、西多摩の外れあきる野市増戸に、自分の考え
思いを形にした小さなイタリアンYOSHIZOをオープンさせました。
 
そのスタートから今日を迎えることができたのも、多くのお客様を始め
「信頼でむすびつく」という企業理念に共感・共鳴していただいた
多くの関係者によるご支援の賜と、心より感謝しております。
 
外食ビジネスを取り巻く経営環境は年々厳しさを増しています
 
少子・高齢化を背景とした人口減少による外食市場規模の縮小や
労働力の不足、原材料やエネルギーコストの上昇、お客様や
従業員の安全確保、高度情報化への対応が必要不可欠です。
 
また消費者の食意識が熟成することにより嗜好やニーズの多様化が進み、
安全・健康・価値志向は一段と強まっています。
 
このような環境変化の中で当社は、「雰囲気のよい店舗・和んでいただける接客・おいしい
料理、このすべてにおいて安全で安心でき信頼され心を込めたサービスを提供し、多くの
人々に外食の楽しさを感じていただく」を当社のビジネスモデルとして邁進していきます。
 
店作りのコンセプトは「特別なこの日をこの店で」「ちょっとした贅沢を」
 
お客様が外食に求めているのは、利便性だけではなく、料理の美味しさは
もちろんのコト、家庭では味わえない雰囲気やサービスなど、
生活に潤いと楽しさを感じられることだと考えております。
 
そこで数あるお店の中から足を運んでもらうには?
これからの外食ビジネスはエンターテイメント性が必要です。
エンターテイメント性を総じて生み出すものは何か?
それが「人財」、私たち一人ひとりの力です。
 

そのような「力」を社員が身に付けていけるようにするにはどうすればよいのでしょうか。

時代の流れをリアルタイムで分析し、進む方向性を見極め、実践する姿勢を示すこと。
 
決められた枠内で発展を求めていくのではなく、柔軟な発想や、行動で対応し、
新たにチャレンジしゼロから築きあげる姿勢を示すこと。
 
社員それぞれが、色々なことに関わり、力を身に付け、
それを発揮できることが、YOSHIZOの企業スタイルです。
 
だからこそ単に店舗を拡大するのではなく、社員にとって働きやすく、自らが成長でき、
信頼関係を築ける環境を持ち合わせた事業展開を行なっていきます。
 
求めるのは、何かに打ち込める情熱、知りたい、学びたいという好奇心
 
時代と共にその容貌を変えていく外食ビジネスの面白さをリアルタイムで感じ、
そこで生まれる好奇心を糧に、成長できる人、労働力としての「人材」ではなく、
日々進化することのできる優秀な「人財」を切望しています。
 
■ 企業情報 ■ privacy policy (個人情報保護方針) ■ contact (各種お問い合わせ) ■ 店舗情報
 薪釜屋YOSHIZO (武蔵増戸)
 薪釜屋ROOKIE (福生)
 薪釜屋YOSHIZO Cafe (御岳)
 薪釜屋Ciao (立川)
 
Copyright (C) 2016 YOSHIZO Inc. All rights reserved.