home > career > スタッフの声
 
大久保 善幸 Yoshiyuki Ookubo
 
2013年入社 36歳
薪釜屋YOSHIZO-cafe 店長
 
■プロフィール
1998年 高校卒業
2001年 有限会社麦企画 就職
2013年 株式会社YOSHIZO  転職

入社のきっかけは

何気なく立ち寄ったお店が、『薪釜屋YOSHIZO』でした。

家族で訪れ、薪釜ピッツァをはじめ、他の料理もみんなで
美味しくいただき、楽しそうにしていたのが印象的でした。

自分はもともと秋川の出身で地元にこんなお店があったのかという驚きと、
子供が「パパ、このお店のピザおいしいね!」と言っていたことで後押しされ
数日後には働いてみたいという旨を伝えました。

前職では和食や居酒屋を多く経営する会社に長く在籍していたので、
イタリアン、まして薪釜ピッツァは未経験。

もちろん、最初は不安もありましたが、薪のみで焼き上げるピッツァは、
大変というよりは楽しいという気持ちの方が大きく、新たな技術も身に
つけられ、前職では考えられなかった幅の知識を得られたことも、
今となってはこの先の料理人人生を考えると、
プラスになったことの方が多いと思っています。

きっかけは、何気ない息子の一言でしたが、入社してよかったと思います。

仕事とプライベートのバランス

よく飲食業では、休みがない、時間がない、給料が安いと言われますが、
自分は経験が長いので、そうなってしまう理由もわかります。
前職でもそうですし、自分もそれが当たり前だと思っていました。

しかし、自分に家族が出来たことで、プライベートを充実させるということが、
結果いい仕事を生みだすということに気づかされました。

仕事は仕事、メリハリはきっちりつけていった方が、いい仕事が出来ます。

YOSHIZOには、既婚者も多く、自分と似たような環境の
スタッフが多数在籍しています。プライベートを充実させ、
メリハリをしっかりつけることでいい仕事が出来るという意識を
スタッフ間で共有できるので、堂々と休むことを主張できます。

どうしても交代で休みを取れないという状況になったら、
お客様には申し訳ないと思いますが、お店を休みます。

それぐらい、プライベートの充実は、生活の底辺であり、
すべての仕事はそこから始まると考えています。

YOSHIZOで今後やってみたい事

まずYOSHIZOを知っていただくため、店舗展開をし、
中には移動販売車 なども視野に入れ、小学校や幼稚園などに
PIZZAの体験など社会貢献出来るようなこともやりたいと思っています。

自社で農業などにも力を入れ、安心安全な食材を楽しんでもらえる
ようなことをやってみたいと思います。

 
■ 企業情報 ■ privacy policy (個人情報保護方針) ■ contact (各種お問い合わせ) ■ 店舗情報
 薪釜屋YOSHIZO (武蔵増戸)
 薪釜屋ROOKIE (福生)
 薪釜屋YOSHIZO Cafe (御岳)
 薪釜屋Ciao (立川)
 
Copyright (C) 2016 YOSHIZO Inc. All rights reserved.